【XM】WindowsへMT4/MT5を導入する方法を教えてください

XMが配布する取引プラットフォーム「MT4」および「MT5」をWindowsパソコンへ導入する方法を分かりやすく解説します。手順はとても簡単なので、パソコンに不慣れな方でも安心です。

XM版MetaTraderのダウンロード(無料)

まずはXMのトップページへアクセスし、メニューの「プラットフォーム」をクリックしてから「PC対応」と書かれたMT4もしくはMT5をクリックします。

するとダウンロードページへ飛ぶので、赤い「ダウンロード」ボタンをクリック。末尾に「.exe」とあるインストーラーがダウンロードされ次第、それをクリックして起動しましょう。

インストールから取引口座ログインまでの流れ

XMのWebサイトより入手したインストーラーを起動すると、下のようなセットアップ画面が現れるので、エンドユーザーライセンス同意書を一読したうえで「次へ」ボタンをクリック。インストールが完了すると自動的にMetaTrader本体が起動します。

ここから先は既にXMの取引口座を持っているという前提で進めますので、まだ準備できていない方はリアル口座またはデモ口座を作りましょう。

口座へログインする前に、「口座ID」「口座パスワード」「サーバー名」を控えておきましょう。口座IDとサーバー名は口座開設後に届く「XMTradingへようこそ」というメール内に記載されており、パスワードは開設時に自身が設定したものになります。

XM版MetaTraderを初めて起動すると、ログイン先サーバーの選択画面が現れます。もし現れない場合は、メニューバーの「ファイル」内にある「取引口座にログイン」をクリックしましょう。

メール内に記されているサーバーを選択後、「次へ」ボタンをクリック。

「既存のアカウント」を選び、口座IDを「ログイン」の欄に、口座開設時に設定したパスワードを「パスワード」の欄に入力し、「完了」ボタンをクリックします。

MetaTraderウィンドウ右下にある回線速度が0以上になればログイン成功です。

MT4/MT5 WebTraderならインストール不要で今すぐ使える

XMではインストールタイプのMetaTraderだけでなく「WebTrader」というものも配信しています。こちらはWebブラウザ上で動作するMetaTraderで、本家よりも機能が簡略化されている反面、MacやWindowsなどOS問わず動かせる点が魅力です。

凝ったチャート分析を必要としない方、分析は別のチャートツールに任せてMetaTraderを注文のみに特化したい方はぜひこの機会にWebTraderへ乗り換えてみては如何でしょう。

XMのトップページへアクセスし、メニューの「プラットフォーム」をクリックしてから「WebTrader」と付いたMT4もしくはMT5をクリックします。

紹介ページへ飛ぶので、赤い「WEBTRADERへアクセス」ボタンをクリック。

初回アクセス時にはログイン画面が現れるので、口座IDを「ログインを入力」の欄に、口座開設時に設定したパスワードを「パスワード」の欄に入力し、「サーバー」より取引サーバーを選択します。内容を今一度確認のうえ、「YES」ボタンをクリックしてログインしましょう。

こちらはログイン後のMT4 WebTrader↓ 見た目や基本的な操作方法は本家MT4を変わりありません。