【XM】必要証拠金の計算方法を教えてください

XMでは最大888倍のハイレバレッジで取引できます。それは分かっていても、「具体的にいくらあればどの程度の量のポジションを持てるのか」という疑問をお持ちの方は多いと思いますので、この記事ではXMでの必要証拠金の求め方について説明します。

必要証拠金とは

FXの取引を行うには、なによりもまず「証拠金」を用意せねばなりません。証拠金を取引業者(ブローカー)の取引口座へ入金し、レバレッジを効かせて証拠金以上の大きな取引をする、それがFXの根本的な仕組みです。最大レバレッジ25倍の国内業者では証拠金の25倍まで、最大レバレッジ888倍のXMでは証拠金の888倍までポジションを持てます。

「必要証拠金」とは、ポジションを注文する際に必要な最低限の証拠金額で、必要証拠金を下回る場合はポジションを持てません。ポジションの量が多くなると必要証拠金も多くなり、量が少なくなれば必要証拠金も少なくなります。また、口座の最大レバレッジが高いほど必要証拠金は少なく済み、最大レバレッジが低いほど必要証拠金は増します。

  • ポジション量と必要証拠金は比例する
  • 口座の最大レバレッジと必要証拠金は反比例する

必要証拠金を求めるために必要な3つの要素

必要証拠金を求めるために必要となる要素は「ポジションの量」「口座の最大レバレッジ」「現レート」の3つで、ポジションの量 x 現レート ÷ 口座の最大レバレッジという計算式で導き出せます。

1. ポジションの量 (通貨、ロット、枚数)

「ロット」「枚数」「通貨」など呼び方や単位はいろいろありますが、いずれもポジションの量 = 売買注文の量を指しています。

  • 通貨:FXのポジション量における基軸単位。ドル円で1万通貨を買う = 1万ドルを円建てで買うことになる。
  • ロット:海外FXで用いられることが多い。XMスタンダード・XM Zero口座の場合は1ロット = 10万通貨、XMマイクロ口座の場合は1ロット = 1,000通貨。
  • 枚数:国内FXで用いられることが多い。1枚 = 1万通貨。

2. 口座の最大レバレッジ

取引口座の最大レバレッジを指しています。XMでは口座開設時に設定可能で、XMスタンダード口座とXMマイクロ口座は1倍~888倍、XM Zero口座は1倍~500倍となっています。

3. 取引する通貨ペアの現在のレート

取引する通貨ペアの現在レートによっても、必要証拠金は変わってきます。

例えば最大レバレッジ200倍の口座でドル円の1万通貨を取引する場合、1ドル = 100円の場合は10,000 x 100 / 200 = 5,000円の証拠金が必要になるのに対し、1ドル = 120円の場合は10,000 x 120 / 200 = 6.000円の証拠金が必要になります。

XMの「証拠金計算機」を使えば超簡単

取引するたびいちいち計算するのは面倒くさいですが、XMの公式ページにて提供されている「証拠金計算機」を使えば超簡単に必要証拠金を求められます。

XMのFX計算ツール」ページにはFXで役に立つ計算ツールが揃っており、その中の「証拠金計算ツール」からアクセスできます。

口座の基本通貨、ロット数量、通貨ペア、レバレッジ、口座タイプを入力して「計算する」ボタンをクリックするだけで、現レートを自動取得した後に必要証拠金が算出されます。簡単ですね!