【XM】他業者とのアービトラージは認められていますか?

XMに限らずFX業者間のアービトラージはご法度!

筆者が知る限り、XMはじめとするすべての海外FX業者は他業者とのアービトラージ(両建て)を禁じています。規約にもその旨が記載されているはずです。

他業者間のレート差を利用した両建て

ブローカーによって配信レートが異なるため、ごく稀に業者間で価格差が生まれる場合があり、これを狙ったのが他業者間での両建て「アービトラージ」です。

例えばA社のドル円レートが120.000に対しB社が120.100だとすれば、A社で買いポジション・B社で売りポジションを持った後に乖離が埋まったタイミングで決済するという手法。(10pipsも開くなんて稀ですが…)

どの業者も他業者とのアービトラージを厳しく取り締まっており、バレてしまうと口座凍結や収益没収の恐れがあります。というか、そもそもスプレッド負けのリスクが高いため、現実的な手法とは言い難いでしょう。

ゼロカット目的の他業者間両建て

XMでは同一名義で最大8つの口座を持てますが、複数の口座をまたいだ両建ては原則的に禁止されています。A口座でドル円の買いポジションを持ち、一方のB口座でドル円の売りポジションを持つといった行為です。

理由はゼロカット制度の悪用を防ぐため。ゼロカットは口座ごとに執行されるため、口座をまたいでハイレバ両建てを行うことで片方の損失は限定したまま片方で爆益を狙えますが、規約に違反するのでやめましょう。強制ロスカットが効かない非常事態に備えて設けられているのがゼロカットですので、常用していれば当然目をつけられます。

もちろん、ゼロカットを目的とした他業者間の両建ても厳禁ですので注意しましょう。

ゼロカットを狙ったグループ内での他業者間両建て

2人以上のチームを組んで、つまり家族・友人・知人と共謀してゼロカットを悪用するような両建ても禁じられています。突発的な動きとゼロカットを狙って、自分はA社で買いポジションを持ち、知人はB社で売りポジションを持つといった行為です。

初めは上手くいったとしても、続けていれば必ずペナルティが課されるでしょう。

アービトラージがバレた場合、口座凍結や利益没収の恐れ

アービトラージは理論上最強といわれている手法ですが、どれも業者の弱みに付け込む卑劣なもので、当然業者側も対策に力を入れています。

ゼロカットやアービトラージにありがちな不自然な取引を繰り返していると、口座のレバレッジが引き下げられたりボーナスが取り消されたり、最悪の場合は口座永久凍結や利益没収や出金拒否もあり得ますので、フェアな取引を徹底しましょう。