【XM】マイナンバー(納税者番号)の提出は必要ですか?

XMの口座を開設する際やマイページへログインする際、納税者番号(TIN)、つまり「マイナンバー」の入力を求められることがあります。

マイナンバーの提出は義務なのか?提出を拒んだことで何らかの制限を受ける可能性はあるのか?など、XMのマイナンバー提出に関する疑問をまとめました。

結論:マイナンバーの提出は義務ではない!ペナルティも無し

結論から申してしまうと、この記事を公開した2018年12月31日現在、マイナンバーの提出は義務ではありません。

キプロス法人のXM.com(本社)では納税者番号(マイナンバー)の提出が義務付けられていますが、我々日本人顧客が属するセーシェル法人XMTradingでは提出はあくまでも任意となっています。マイナンバーの提出を拒んだとしても、取引や入手金において制限を受けるといったことはありませんし、口座凍結等のペナルティが課される恐れもありません。

今後どうなるかは不明。登録しておいたほうが無難か

国内のFX業者では既にマイナンバーの提出が義務化されており、世界的にも同様の風潮が浸透しつつあります。現にXMでもキプロス法人とイギリス法人は納税者番号必須となっており、その流れを受けて今後セーシェルのXMTradingでもマイナンバー必須となる可能性は大いにあり得ますので、今のうちに登録しておいたほうが無難でしょう。

マイナンバーを提出するには、まずXMのログインフォームよりマイページへアクセスし、「ようこそ」の部分をクリックして現れる「マイ・アカウント」をクリック。

ページ最下部に「マイナンバー」という項目があるはずなので、小さな鉛筆のアイコンをクリック。

「マイナンバーをお持ちですか?」は「はい」を、「納税国を選択してください」は「Japan」を選び、「送信」ボタンをクリック。

最後に自身のマイナンバーを入力し、「確定」ボタンをクリック。