【XM】MacへMT4/MT5を導入する方法を教えてください

MetaTraderは本来Windows OS向けに開発されたソフトウェアですが、XMではmacOSへ対応させたMT4およびMT5を配布しており、Macユーザーでも問題なく取引できます。この記事では、MacへXM版のMT4/MT5を導入する方法を解説します。

Mac版MetaTraderのダウンロード&インストール方法

まずはXMのトップページへアクセスし、メニューの「プラットフォーム」をクリックしてから「Mac対応」と書かれたMT4もしくはMT5をクリックします。

するとダウンロードページへ飛ぶので、赤い「ダウンロード」ボタンをクリック。末尾に「.dmg」とあるインストーラーがダウンロードされ次第、それをダブルクリックして起動しましょう。

インストール方法は至って簡単で、XMのロゴが書かれたアプリアイコンをアプリケーションフォルダへドラッグアンドドロップするだけ。

起動方法と起動時に現れる警告について

アプリケーションフォルダを開くと、先ほどインストールしたXMTrading MT4/MT5アプリを見つけられるので、アイコン上で右クリック(またはControl + クリック)してから「開く」をクリック。

※右クリックではなくダブルクリックした場合、「開発元が未確認のため開けません」と注意されて開けないので注意!

「開発元は未確認です」との警告が表示されますが、特に気にせず「開く」を押しましょう。ここで「開く」を押して起動すれば、次回からこの警告は表示されなくなります。

初回起動から取引口座へログインまで

ここから先は既にXMの取引口座を持っているという前提で進めますので、まだ準備できていない方はリアル口座またはデモ口座を作りましょう。

口座へログインする前に、「口座ID」「口座パスワード」「サーバー名」を控えておきましょう。口座IDとサーバー名は口座開設後に届く「XMTradingへようこそ」というメール内に記載されており、パスワードは開設時に自身が設定したものになります。

初回起動時にはサーバーの選択画面が現れるので、メール内に記されているサーバーを選択後、ウィンドウ下にある「??(N) >」ボタンをクリック。(残念ながら文字化けしています)

「Existing trade account」をチェックして、口座IDを「Login」の欄に、口座開設時に設定したパスワードを「Password」の欄に入力し、太線で囲われた「??」ボタンをクリックします。

カスタムインジケータの導入方法は?

MetaTraderにはチャート分析によく用いられるインジケータが一通り含まれていますが、標準では備わっていないカスタムインジケータを導入したい!という方もいらっしゃるでしょう。

Mac対応のXM版MetaTraderへカスタムインジケータを追加したい方は、以下のステップで進めてください。

  1. Finderの「移動」をOptionキー押しながらクリック
  2. 「ライブラリ」を開く
  3. 「Application Support」開く
  4. 「com.XM.MT4~」を開く(「XM」が含まれた名前の長いフォルダ)
  5. 「drive_c」を開く
  6. 「Program Files」を開く
  7. 「XM MT4」または「XM MT5」を開く
  8. 「MQL4」(MT4の場合)または「MQL5」(MT5の場合)を開く
  9. 「Indicators」を開き、そこへ追加したいインジケータを移動 or コピー