【XM】MT4/MT5へのログイン方法を教えてください

XMの公式ページからMT4 or MT5を入手してパソコンへインストール出来たけど、肝心のログイン方法が分からない!という方へ向けて、その具体的な手順をスクリーンショット交えて解説します。

Windowsパソコン or Macをお使いの場合

※今回はWindowsパソコンでの操作方法を解説しますが、基本的な手順はMacでも同じです。

パソコンへXM版MT4 or MT5を導入

取引口座へログインするためには、まずはパソコンへXM版のMT4もしくはMT5を導入せねばなりません。

XMトップページ上部のメニューより「プラットフォーム」をクリックし、Windowsパソコンをお使いの方は「PC対応」と書かれたものを、Macをお使いの方は「Mac対応」と書かれたものを選びます。

ダウンロードページへ飛ぶので、赤い「ダウンロード」ボタンをクリックしてMT4 or MT5を入手し、ダウンロードしたプログラムを開いてインストール作業を進めましょう。

具体的なインストール手順は、別記事にてまとめています↓

口座ID、パスワード、サーバー名を確認

口座へログインする前に、「口座ID」「口座パスワード」「サーバー名」を控えておきましょう。口座IDとサーバー名は口座開設後に届く「XMTradingへようこそ」というメール内に記載されており、パスワードは開設時に自身が設定したものになります。

MT4 or MT5を起動して取引口座へログイン

XM版MetaTraderを初めて起動すると、ログイン先サーバーの選択画面が現れます。もし現れない場合は、メニューバーの「ファイル」内にある「取引口座にログイン」をクリックしましょう。

メール内に記されているサーバーを選択後、「次へ」ボタンをクリック。

「既存のアカウント」を選び、口座IDを「ログイン」の欄に、口座開設時に設定したパスワードを「パスワード」の欄に入力し、「完了」ボタンをクリックします。

MetaTraderウィンドウ右下にある回線速度が0以上になればログイン成功です。

iPhoneをお使いの場合

AppStoreよりMT4 or MT5を入手

まだMT4/MT5アプリをiPhoneへインストールしていない場合は、AppStoreよりダウンロードしましょう。(いずれも無料)

口座ID、パスワード、サーバーを確認

口座へログインする前に、「口座ID」「口座パスワード」「サーバー名」を控えておきましょう。口座IDとサーバー名は口座開設後に届く「XMTradingへようこそ」というメール内に記載されており、パスワードは開設時に自身が設定したものになります。

MT4 or MT5を起動して取引口座へログイン

アプリを起動して取引口座へログインします。

MT4の場合、初回起動時に「新規口座」という画面が現れるので、一番下にある「既存のアカウントにログイン」をタップ。MT5の場合は初期起動と同時にMetaQuotesのデモアカウントが作成されてしまうため、画面下のナビゲーションより「設定」→「新規口座」→「既存の口座にログイン」へ進みましょう。

続いてログイン先サーバーの選択画面が現れるので、画面最上部の検索フォームに「XM」と入力し、メール内に記されているサーバーを選びます。

ログインフォームが現れたら、口座IDを「ログイン」の欄に、口座開設時に設定したパスワードを「パスワード」の欄に入力し、「サインイン」ボタンをタップします。

入力内容に誤りが無ければ正常にログインできます。

Androidをお使いの場合

Google PlayストアよりMT4 or MT5を入手

まだMT4/MT5アプリをスマートフォンへインストールしていない場合は、Google Playストアよりダウンロードしましょう。(いずれも無料)

口座ID、パスワード、サーバーを確認

口座へログインする前に、「口座ID」「口座パスワード」「サーバー名」を控えておきましょう。口座IDとサーバー名は口座開設後に届く「XMTradingへようこそ」というメール内に記載されており、パスワードは開設時に自身が設定したものになります。

MT4 or MT5を起動して口座の管理画面へ

初期起動と同時にMetaQuotesのデモ口座が作られますが、それだとXMで取引できないため、新たにXMの口座を追加する必要があります。画面左上にあるメニューアイコンをタップしてメニューを表示して「口座管理」ボタンをタップし、口座管理画面にある「+」ボタンをタップしましょう。

ログインの手順はMT4とMT5で若干異なります。

MT4:サーバーを探して取引口座へログイン

まずはMT4でのログイン方法について。

(下の画像には写っていませんが)「新しい口座」という画面が現れたら「既存のアカウントにログイン」を選びます。その後にサーバーの検索画面が現れるので、画面最上部の検索フォームに「XM」と入力し、メール内に記されているサーバーを選びます。

ログインフォームが現れたら、口座IDを「ログイン」の欄に、口座開設時に設定したパスワードを「パスワード」の欄に入力し、「ログイン」ボタンをタップしましょう。

MT5:サーバーを探して取引口座へログイン

続いてMT5でのログイン方法について。

「証券会社」という画面が現れたら画面最上部の検索フォームに「XM」と入力し、リストの中にある「Tradexfin Limited / XMTrading」というものを選びましょう。

するとログイン画面へ移るので、口座IDを「ログイン」の欄に、口座開設時に設定したパスワードを「パスワード」の欄に入力し、メール内に記されているサーバーを選んで「サインイン」ボタンをタップします。

ログインできない時にありがちなミス

MT4のIDでMT5は使えません!その逆も然り

MetaTrader不慣れな方にありがちな勘違いですが、MT4のIDでMT5へログインしたり、MT5のIDでMT4へログインすることは出来ません。一応MT5はMT4の新バージョンという扱いですが、実のところ互換性は全く無く、口座も別々になります。

XMで口座を開設した際、取引プラットフォームとしてMT4を選んだ場合はMT4を、MT5を選んだ場合はMT5をインストールしましょう。

パスワードは本当に合っていますか?大文字・小文字を間違えていませんか?

セキュリティ上の観点から、XMの口座パスワードは英字小文字 + 英字大文字 + 数字の3種類の文字を含める必要があります。例えば、「abcd1234」と設定したつもりが実は「Abcd1234」と設定していた(小文字のつもりが大文字だった)…なんて勘違いが無いとも限りませんので、よく思い出してみましょう。

ログイン先サーバーを間違えていませんか?

日本人口座が属するのはセーシェル籍の「XMTrading」という会社ですが、キプロス籍の「XM.com」やイギリス籍の「XMUK」といった似た名前の支社がいくつか存在します。ログインIDやパスワードに合っていたとしても、ログイン先サーバーを間違えているとログインできません。

口座を90日以上放置していませんか?(凍結)

XMでは口座を90日間放置していると自動的に凍結されます。「放置」とは、90日間一度も取引および入金・出金を行わず、なおかつ口座残高が無い状態を指しています。逆にいえば、90日に一度取引および入出金を行うか口座に残高を残してあれば凍結されません。(90日間に一度もトレードしていなくても残高があれば凍結されませんが、「休眠口座」とされて毎月5ドルの手数料が引かれてしまいます。)

ひとたび凍結されてしまった口座を復帰させることは出来ませんが、同一名義かつ同じメールアドレスで登録すれば再び書類提出することなく復帰できますので、下のボタンから手続きしましょう↓