【XM】強制ロスカットが発動する水準(証拠金維持率)を教えてください

FXにおいてぜひとも避けたいのが「強制ロスカット」。この記事では、強制ロスカットのトリガーとなる証拠金維持率の求め方や、海外FX業者のXMにおいて強制ロスカットが発動する条件について解説します。

「強制ロスカット」とは

そもそも強制ロスカットは何でしょう。

強制ロスカットとは、保有しているポジションの損失がある一定割合を超えたときに発動するもので、口座の残高がゼロになる前に損失を確定するために設けられています。いわば緊急ブレーキの役割。

証拠金維持率(後に詳しく解説します)が一定を下回ると、トレーダーの意思に関係なく強制ロスカットが発動する仕組みとなっており、その水準は業者によりけりです。水準が低ければ低いほど強制ロスカットされにくく、高ければ高いほど証拠金維持率に余裕を持たねばなりませんが、いずれにせよ強制ロスカットされるほど損を膨らますトレードは避けたいところ。

「証拠金維持率」の求め方

強制ロスカットのトリガーとなっているのが証拠金維持率です。証拠金維持率とは、取引証拠金に対する有効証拠金額の比率を示しており、簡単に言い換えれば「口座の余力を示している数値」になります。高ければ高いほど好ましく、低ければ低いほど強制ロスカット水準へ近づくわけです。

XMの証拠金維持率の計算式は、有効証拠金 ÷ 必要証拠金 x 100で、単位は「%」です。更に展開すると、(口座残高 + ポジション損益) ÷ ポジションの量 x 現レート ÷ 口座の最大レバレッジ x 100という計算式になります。

有効証拠金とは

「有効証拠金」とは、口座残高にポジションの損益を加減した金額です。証拠金(口座残高) + ポジションの損益で求めることができます。

口座残高が20万円で8万円の利益が出ているなら20万 + 8万 = 28万円が有効証拠金となり、逆に8万円の損失が出ているなら20万 – 8万円 = 12万円が有効証拠金となります。

必要証拠金とは

「必要証拠金」とは、ポジションを注文する際に必要な最低限の証拠金額です。計算式はポジションの量 x 現レート ÷ 口座の最大レバレッジです。

例えば、XMの最大レバレッジ888倍口座で1ドル = 120円のドル円を3ロット(30万通貨)保つ場合、300,000 x 120 ÷ 888 = 40,541円が必要証拠金になります。

ポジションの量が多くなると必要証拠金も多くなり、量が少なくなれば必要証拠金も少なくなります。また、口座の最大レバレッジが高いほど必要証拠金は少なく済み、最大レバレッジが低いほど必要証拠金は増します。

ケーススタディ

では、実際に証拠金維持率を計算してみましょう。条件は以下のとおり↓

  • 通貨ペア:米ドル/日本円
  • 証拠金(口座残高):100,000円
  • ポジション損益:20,000円
  • ポジションの量:5ロット(50万通貨)
  • 現在のレート:1ドル = 112円
  • 口座の最大レバレッジ:888倍

まずは有効証拠金と必要証拠金を求めます。

  • 有効証拠金:100,000円(証拠金) + 20,000円(損益) = 120,000円
  • 必要証拠金:500,000通貨(ポジションの量) x 112(現レート) ÷ 888(口座の最大レバレッジ) = 63,063円

この2つをもとに証拠金維持率を計算すると、120,000(有効証拠金) ÷ 63,063(必要証拠金) x 100 = 190.29%になります。

逆に、ポジションの損益がマイナス20,000円の場合、有効証拠金は100,000円 – 20,000円 = 80,000円になりますので、証拠金維持率は80,000(有効証拠金) ÷ 63,063(必要証拠金) x 100 = 126.86%に。

XMの強制ロスカット水準は20%

XMの強制ロスカット水準は20%と定められており、証拠金維持率が20%を下回るとトレーダーの意思に関係なく強制ロスカットが発動されます。

参考までに、他社の強制ロスカット水準を比較してみましょう↓

業者 国内外 ロスカット水準
XMTrading 海外 20%
Axiory 海外 20%
Titan FX 海外 20%
TradeView 海外 100%
Land-FX 海外 30%
FxPro (MetaTrader) 海外 20%
FxPro (cTrader) 海外 30%
DMM FX 国内 50%
GMOクリック証券 国内 50%
OANDA Japan 国内 50%
SBI FX 国内 50%
ヒロセ通商 国内 100%

両建てすると必要証拠金は0になるが、スワップとスプレッドに注意

XMで両建てした場合は必要証拠金が相殺されるので、同ロットで両建てすれば必要証拠金は0になる計算です。ただし、スワップとスプレッドは各ポジションに掛かってくるため、一時的にスプレッドが広がったり、日に日にマイナススワップが膨らんだ場合、不意に強制ロスカットされる恐れがあるので注意しましょう。

(CFD商品を両建てで保有する場合の必要証拠金は常に50%)