【XM】口座開設3000円ボーナスとは?本当に無料で貰えるのですか?

XM(XMTrading)は数ある海外FXブローカーの中でもひときわボーナスが充実しています。そのうちのひとつが口座開設ボーナスで、口座開設するだけで無料で3,000円分の取引ボーナスが貰えるというもの。

本当に無料で貰えるのか?隠れ条件等は無いのか?実際の受け取り方は?など、XMの口座開設ボーナスにまつわる情報を分かりやすくまとめました。

入金せずとも3,000円のボーナスが貰える!ただし新規顧客限定

XMの口座開設ボーナスとは、リアル口座を作るだけで3,000円の取引ボーナスクレジットが貰えるというウェルカムサービスで、未入金でも受け取ることができます。

ただし新規顧客限定で、既にXMの口座をお持ちの方が追加口座を開設した場合は、当ボーナス対象外となります。

XM Zero口座でも貰える

スプレッドが狭いECN方式の「XM Zero口座」は、入金ボーナスとXMロイヤルティプログラムの対象外となっていますが、この口座開設ボーナスに限ってはZero口座でもしっかり受け取ることができます。

本当に無料で貰える?隠れ条件は無い?

「そんなうまい話があるのか?」と思われる方も少なからず居られることと思いますが、実際のところ「いくら以上入金しないとダメ」「何ロット以上取引しないとダメ」といった隠れ条件は一切存在せず、本当に無料で手にすることができるのです。

ただし、口座を作ったらすぐ貰えるというわけではなく、「口座の有効化」という工程をクリアする必要があります。口座の有効化とはXMが実施している本人確認のことで、マイページより「本人確認書類」と「住所確認書類」の画像をアップロードし、登録内容と一致していれば有効化されます。

「本人確認書類」とは、トレーダー本人の顔写真と名前等が記載された書類のことで、例えば自動車運転免許証やパスポートなどが挙げられます。もちろん有効期限内でなければなりません。もう一方の「住所確認書類」とは、口座開設時に記入した住所と実際の現住所に誤りが無いかを確認するためのもので、例えば公共料金や携帯電話料金の明細・請求・領収書、住民票の写しなどが挙げられ、先の本人確認書類とは異なるものを提出する必要があります。

口座の有効化の具体的な手順、用意すべき書類等に関しては、こちら↓の記事にて詳しくまとめています。

口座開設ボーナスに関する注意点

ボーナスそのものは出金できないが、利益分は出金可

リアルマネーは「残高」として、ボーナスは「クレジット」として別々に管理されており、そのうち実際に出金(現金化)できるのは残高のみ。口座開設ボーナスの受け取りを申請すると、3,000円ボーナスは「クレジット」の枠へ振り込まれるため、ボーナスそのものを引き出す術はありません。

しかし、稼いだ利益はすべて「残高」扱いとなり、無条件で出金できます。例えば3,000円ボーナスを30,000円まで膨らませたとすれば、利益の27,000円は残高扱いになりますから、出金できるのは27,000円となります。

残高を出金するとその額に応じたボーナスが消える

口座残高を引き出すとその額に応じたボーナスが消えますので注意しましょう。

残高12,000円 + 例えば口座開設ボーナス3,000円 = 合計15,000円の取引証拠金が存在していたとしましょう。その口座から6,000円を引き出した場合、出金額の6,000円は残高12,000円の50%にあたるため、ボーナスも同割合50%つまり1,500円が消滅し、出金後の口座には残高6,000円 + ボーナス1,500円 = 合計7,500円の取引証拠金が残ります。

残高を全額引き出すと、ボーナスも全額消えてしまいます。

開設時にボーナス受け取りを拒否してると貰えない

口座開設フォームに「口座ボーナス」という項目がありますが、「いいえ」を選択してしまうと口座開設ボーナスはじめとする諸々のボーナスが全て貰えなくなってしまいますので、くれぐれも注意しましょう。

ボーナスを受け取りたい方は「はい、ボーナスの受け取りを希望します。」を選ぶ必要があります。

口座開設ボーナスの受け取り方

口座開設ボーナスの受け取り方は極めて簡単です。

XMのリアル口座を開設した後に、口座の有効化(必要書類のアップロード)を済ませると、マイページトップに「今すぐボーナスを請求」という緑色のボタンが現れます。

それをクリックして簡単な手続きを進めると、瞬時に3,000円分のボーナスが口座の「クレジット」枠へ振り込まれ、取引証拠金として使えるようになります。

XMのボーナス全般にまつわる注意点

複数口座間で資金を移動させるとボーナスも移動する

同一名義の複数口座間で資金(残高)を移動させると、その額に応じてボーナスも移動します。

例えば、A口座の残高が50,000円 + ボーナスが10,000円分ある状態で30,000円をB口座へ移す場合、30,000円は50,000円の60%に相当しますので、10,000 x 60% = 6,000円分のボーナスもB口座へ移動します。

移動後は、A口座:残高20,000円 + ボーナス4,000円、B口座:残高30,000円 + ボーナス6,000円という配分に。

追加口座開設によるボーナスの二重取りは出来ない

諸々のボーナスは口座毎ではなく名義単位での管理ですので、A口座で3,000円の口座開設ボーナスを受け取った後にB口座でも受け取る…といった二重取りは出来ないシステムとなっています。

入金ボーナスの残額、XMロイヤルティプログラムのステータス、XMP等も同様、口座単位ではなく名義単位で管理されています。

残高がマイナスとなった場合、ゼロカット執行前にボーナスで相殺される

相場が急変動した際、証拠金維持率が20%を下回ると「強制ロスカット」が発動しますが、あまりにも値動きが激しいと約定が追いつかず、本来よりも遅れてロスカットされる可能性があり、結果として残高がゼロを通り越してマイナスへ達する恐れがあります。

ありがたいことにXMではマイナス分を帳消ししてゼロへ戻してくれる「ゼロカット制度」が設けられているので、口座残高以上の損失を被る恐れがありません。

しかし、残高がマイナスへ達した時点でボーナスが残っていた場合、まずはボーナスとマイナス分が相殺された後に足りない分があればゼロカットという流れを辿ります。

仮に残高が-25,000円 + ボーナスが10,000円 = 有効証拠金が-15,000円の場合、まずは10,000円分のボーナスがマイナス分の補填として消費され、残りの-5,000円がゼロカットの対象となり、結果として残高もボーナスも0となります。

では、マイナス分を上回るボーナスが残っていた場合はどうなるでしょうか。仮に残高が-10,000円 + ボーナスが20,000円 = 有効証拠金が10,000円の場合、10,000円分のボーナスがマイナス分の補填として消費され、残りの10,000円ボーナスはそのまま残ります。

IB(キャッシュバック)業者を介して口座開設した場合

IB(Introducing Broker)業者を仲介して口座開設すると、取引量に応じていくらかのキャッシュバックを得られるというメリットがありますが、XMが提供するすべてのボーナスがすべて貰えなくなってしまいます。

業者とトレーダーを仲介してマージンを取るというのがIB業者のビジネスモデルで、悪く言えば「中間搾取」のシステム。結局のところ公式サイトから開設するのがベストなのです。

確実にボーナスを受け取りたい方は、必ずXM公式サイトから口座開設しましょう↓