【XM】出金拒否の噂は本当ですか?実例や可能性はありますか?

海外FXに関する情報を集めている方なら、おそらく誰しもが「出金拒否」というワード見聞きしているはず。しかしその殆どはデタラメな噂に過ぎず、信頼性と実績のある業者を選んで正しい手続きと取引を行っていれば、そんな事態に遭遇することは無いでしょう。

この記事では、大御所海外ブローカー「XM」の出金拒否にまつわるアレコレをまとめてみましたので、不安を抱いている方はお目通しいただければ幸いです。

「儲かりすぎて出金拒否」はあり得ない

まず断じて言えることは、XMで儲かりすぎて出金拒否を食らうなんて事態は考えられませんし、いわゆる詐欺的な事例は未だかつて体験したことも聞いたこともありません。

国内業者の場合、顧客の注文をディーラー介してカバー先銀行へ流すDD(ディーリングデスク)方式という取引形態を取っており、優秀なディーラーの裁量によって狭いスプレッドを提供できる半面、業者と顧客間で利益が相反してしまうという問題点を抱えています。DD方式を採用している業者側にとって、顧客の利益は自分たちの損失となるわけで、国内業者でスキャルピングが喜ばれないのはそのためです。

一方のXMはというと、ディーラーを介さないNDD(ノンディーリングデスク)方式を採用していて、国内業者よりもスプレッドは嵩んでしまうものの、取引の透明性は確保されています。

純粋にスプレッド分で儲ける、すなわち顧客が取引すればするほどXM側は儲かる仕組みとなっているので、大口ロットで取引しまくるデイトレーダーやスキャルパーはむしろ大歓迎という姿勢です。お客さんがガッポリ儲けてくれれば自分たちも潤うわけですから。

出金拒否!?と慌てる前に確認したいポイント

もし出金を拒まれた場合、まず間違いなくこちら側に不手際があります。慌てる前に確認しておきたいポイントを5つ挙げます。

本人確認書類を提出しましたか?不備はありませんか?

何よりも重要なのが、本人確認書類です。XMの場合、書類を提出しなくても口座開設や入金さらには取引まで出来てしまうので、うっかり忘れがちな工程ですが、出金に関しては書類提出による「口座の有効化」が必要になります。

必要な書類は「身分証明書」と「現住所証明書」の2つで、スマホやカメラで撮影し、XMマイページよりアップロードしましょう。

  • 身分証明書:運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(写真付き)など
  • 現住所証明書:公共料金の請求書、カードや銀行の明細書もしくは請求書、健康保険証(表面に現住所が印字されているもの)など

クレジットカードのような審査は無く、登録時の情報と一致していれば誰でもパスできますのでご安心を。

「出金の優先順位」を理解していますか?

XMではマネーロンダリングを防ぐために「出金の優先順位」なるものを設けています。出金する上での大前提となるルールですので、頭に叩き込んでおきましょう。

優先順位はこのとおり↓

  1. クレジットカード・デビットカード
  2. ビットコイン
  3. bitwallet(オンラインウォレット)
  4. 銀行送金

例えば、カードで5万円入金 + ビットコインで5万円入金 = 計10万円を元手に20万円まで増やせたので、その全額を引き出したいとしましょう。この場合、まずはカードの返金枠で5万円を出金(返金)し、その後ビットコインで5万円分を出金し、ここで初めて利益分の10万円をbitwalletもしくは銀行送金で引き出せるようになります。

20万円全額をいきなりbitwalletや銀行送金で引き出すことは出来ませんし、カードやビットコインで入金分以上の出金も出来ません。

bitwalletで入金していた場合も同様で、bitwalletで入金した額は必ずbitwalletで出金せねばなりません。

ボーナスクレジットは出金できません

XMでは「口座開設ボーナス」「入金ボーナス」そして「XMロイヤルティプログラム」の3段構えでボーナスを提供していますが、いずれも貰えるのは取引用の証拠金で、リアルマネーが貰えるわけではありません。

ボーナスを元手に稼いだ利益は無条件で出金可能ですが、ボーナスを直接引き出すことは出来ません。(MT4/MT5上では、リアルマネーは「残高」として、ボーナスは「クレジット」として表示されます。)

海外送金で出金する場合、受け付けてくれない銀行があります

海外送金(International Wire Transfer)というかたちで日本の銀行へ出金することも可能ですが、以下の銀行はXMからの送金を受け付けてくれませんので注意しましょう。おそらく金融庁からの圧力です。

  • ゆうちょ銀行
  • じぶん銀行
  • セブン銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 新生銀行
  • みずほ銀行(インターネット支店のみ)

おすすめはソニー銀行です。XMからの送金を金額問わず受け付けていますし、被仕向送金手数料が掛からないため、通常3,000~5,000円掛かる手数料が1,000円ほどに抑えられます。

ボーナスやゼロカットの悪用はしていませんか?

他人になりすまして口座開設ボーナスを何度も受け取ったり、ゼロカットを利用して窓開け(金曜終値から月曜始値のレート飛び)を狙ったトレードをするなど、システムの弱みに漬け込んだ行為は「規約違反」と見なされます。

悪意があると判断されれば出金を拒まれる可能性もあるため、フェアなトレードを心掛けましょう。