【XM】会社の本拠地はどこですか?

海外FXブローカーのXM社は運営系統がいくつも存在し、我々日本人向けにはセーシェルに拠点を構えるXMTradingがサービスを提供しています。正確に言うと、「Tradexfin Limited」というセーシェル法人が運営母体となっており、「XMTrading」はブローカーとしてブランド名です。

当初、日本人顧客に対してはキプロスのXMがサービスを提供していましたが、2016年から2017年頃にかけてセーシェル法人の「XMTrading」への移行が実施されました。

その背景にあるのは、EUの金融庁にあたる欧州証券市場局(ESMA)が2018年7月30日に発効した新措置。投資家保護の観点のもとレバレッジ規制がなされ、メジャー通貨ペアは最大30倍・マイナーペアは最大20倍という、国内業者と大差ない水準にまで落ち込んでしまいました。

しかし、その新措置はEU加盟国に本籍を置くブローカーのみが対象であり、XMのセーシェル法人には何ら影響ありません。先回り対策することで、ハイレバレッジと豊富なボーナス制度を保っているのです。

セーシェル金融庁は、信託保全を義務付けていないため、キプロスに比べると緩いのが難点です。しかしながら、XM Trading側でも引き続きバークレイズ銀行での分別管理をしており、加えて最大100万ドルまでカバーされるAIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)の保険にも加入していますので、実質全額信託保全に近い補償体制といえるでしょう。