【Titan FX】信託保全はありますか?それとも分別管理のみですか?

国内FX業者の場合、金融庁の指導により全額信託保全が義務付けられていますが、海外FXの場合は認可している金融庁と業者の方針によりけりです。Titan FXの保全体制はどうなのか、この記事で詳しく解説します。

信託保全と分別管理の違い

FX業者の保全体制は、大きく分けて信託保全分別管理の2つがあります。

信託保全とは

「信託保全」とは、顧客の資金(証拠金)を外部の金融機関へ預けて、運営資金と顧客資金を完全に切り離したかたちで管理することを意味します。

万が一業者が破産した場合でも、信託法人や弁護士などの受益者代理人を通じて資金が戻ってくるので、持ち逃げされてしまう心配がありません。また、業者側の財産が差し押さえられたとしても、その影響が信託保全におよぶことはありません。

さらに厳密に言うと、信託保全は「全額信託保全」「一部信託保全」に分かれており、前者はその言葉通り顧客資金が100%守られているのに対し、後者は補償額に上限が設けられています。

国内業者は全額信託保全が義務付けられていますが、海外業者の場合は業者が持つライセンスによりけりです。そのため、資金の保全体制に重きを置くならば国内業者に勝るものはありません。

海外業者の場合、資金の保全体制は管轄の金融庁の方針が大きく関わります。イギリスFCAは信託保全への加入を義務化、キプロスCySECもICF(投資家補償基金)への加入を義務化している一方で、セーシェルライセンスやベリーズライセンスのように義務付けていないものも珍しくありません。

分別管理とは

一方の「分別管理」は、運営資金と顧客資金を切り離しているという点では信託保全と変わりありませんが、そこに第三者の監視が入るか否かがポイントになります。

分別管理の場合、あくまでも業者内で口座を別々に分けているだけなので、その信頼性は業者それぞれの経営状況によってまちまちです。第三者の目が行き届かないため、業者内の人間が顧客資金を横領したり、破産した際に持ち逃げされてしまう可能性も否めません。

Titan FXはNAB(ナショナルオーストラリア銀行)にて分別管理

分別管理と信託保全の両方を設けている業者がベストですが、Titan FXは信託保全を設けておらず、運営資金と顧客の資金を切り離して管理する「分別管理」のみとなっています。バヌアツ共和国金融庁は業者に対して信託保全を義務付けていないためです。

とはいえ、分別管理先であるナショナルオーストラリア銀行(NAB)はオーストラリア最大の銀行ですので、同銀行が倒産して預けた資金が失われる可能性は低いといえます。

Titan FX公式FAQページによるアナウンスは以下のとおり↓

ニュージーランド、及びバヌアツには、信託銀行の制度は、ございませんので、お客様の資産は、全額、NAB銀行(ナショナルオーストラリア銀行)にて管理しております。オーストラリアの金融制度は、世界でも最高の評価を受けており、中でもNAB銀行は、AAランクに格付けされた銀行です。

お客様の資金は、Titan FXの経営資金とは完全に独立した別の口座にて、全額保管されています。Titan FXでは、「完全分別管理」ポリシーを採用しており、お客様からお預かりした資金は、常に顧客信託口座に現金で保管されています。同ポリシーにより、お客様の資金が弊社の運営資金として使用されることはございません。

FAQ – Titan FX (Titan FXについて → 会社概要 → 分別管理について より)

こまめな出金を心がければ問題なし

Titan FXそのものの運営状況は良好で、これまでに「出金が拒否された」「不正なレート操作が行われた」等の報告は確認されていません。

多額の証拠金を預けずに、こまめな出金を心がければ安心して使える業者でしょう。